About

Micah Gampel is a Canadian photographer who has been living in Kyoto Japan for more than 2 decades.  His passion for photography was inspired by his father`s collection of great photo books, particularly of Picasso by photographers Doisneau and David Duncan.  Trying to imitate them at the mere age of 12 using his first camera (a Kodak Brownie), he realized he had a natural love and a talent for photography.     

Before making the leap to the digital age in 2005 he experimented with Japanese cellphone technology, which was the catalyst for his ongoing self portrait series.  In Micah`s words, “I will always make time to work on interesting projects be it  corporate events or art performances, pre-wedding portraits and anything out of the ordinary”.

Born in Niagara Falls Ontario Canada 1951
Resides in Kyoto Japan since 1990

Education

1989   College Diploma,    Professional Photography   Langara           

Vancouver Community College  British Columbia    Canada
1983 -1987    assistant at Commercial Illustrators, a large photo studio in Vancouver Canada
1974   University of  Toronto  Canada :   Astronomy and Western Music  History

1990   moved to Kyoto Japan                             



Languages:     English, basic Japanese

 

写真撮影プロフィール 日本語

教育

1989 年 大学ディプロマ、Langara バンクーバー·コミュニティ·カレッジ カナダ
ブリティッシュコロンビア州  プロの写真
1983 -1987 年  商業イラストレーターのアシスタント、バンクーバー、カナダで大規模            な写真スタジオ
1974 年  トロント大学カナダ:天文学と西洋音楽史
1990 年      日本京都に移住
言語   英語、日本語の基礎

マイカ ガンペル は、20年にわたり京都に住んでいるカナダ人写真家です。
写真に対する彼の情熱は、父の持っていた写真集ドアノーと デビッド·ダンカンが撮ったピカソの写真に触発されて,
12歳のときに初めて自分自身のカメラを持ちました。(コダックブラウニー)そしてドアノーstyleで写真を撮りました.
2004年から日本の携帯電話を使用してセルフポートレートシリーズを撮り始めた.
マイカの 願いは、”私は企業のイベントや芸術公演やプレ結婚式の肖像画など独創的なものを写真で表現したい。”

連絡       micahgampel@gmail.com